変動費よりも固定費を減らすことを考えるべき

経済状態を改善するためには収入を増やすか支出を減らすかをするしかありません。この二つ以外にはありません。そして収入と支出で比べれば支出のほうが改善は容易です。多くの場合、収入を増やすには長い時間がかかったり沢山の努力が必要になります。よって、まず取り掛かるべきは、支出を減らすことです。
支出には固定費と変動費があります。文字通りいくらなのかが固定されているのが固定費で、変動するのが変動費です。例えば家賃は引っ越しをしない限り毎月同じ金額が発生することになります。こういうものが固定費になります。一方、例えば見切り品を使って自炊をすれば食費を節約することが出来ます。月ごとにかかる食費は違うはずです。
改善するターゲットとしては固定費を狙うべきだと思います。節約の手段としてかなりメジャーになってきたのは、通信費です。スマホをMVNOと呼ばれる大手通信会社以外を使うようにすれば安くあげることが出来ます。少し手続きなど自分で理解を進めることが必要ですが、支出軽減効果は大きいものがあります。ケースによりますが私でいえば月に5,000円ほど安くなりました。このように、毎月必ず使うものにかかるお金を安くすることが出来れば翌月も翌々月もその恩恵にあずかることが出来るので、固定費を減らすことをおすすめしているのです。ぜひ考えてみてください。銀行カードローン 総量規制対象外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です