とぼんとぼ のすべての投稿

アコムの融資はこれからの人のための融資システム。

一時期ほどではなくなりましたが、今でも借金地獄という言葉はけっして死語になっているとは言えませんね。もう、抱えきれないほどの借金を持って、頭を抱えている人も、中にはいるんです。

そういうときの法的な措置として、債務整理なんていうものもあるのですが、でも、それだけでは、まったく足りないような気もします。だからこそ、借金はつくる前に計画的に行なわなければならないということなんでしょうね。

計画的に行なう借金。これはどういうものかといいますと、やっぱり返済のことを充分に考えて行なうもの、と言えそうです。ならば最近人気のアコムでの融資なら計画的にできそうです。

アコムの融資なら本当に便利なもので、たとえばその借り入れや返済は、すべて全国の銀行やコンビニATMでできてしまいます。さらにインターネットならば、借り入れや返済も楽にできちゃう。

パソコンはもちろんのこと、携帯やスマートフォンからの返済は、24時間対応してるんですね。これはなかなかすごいことだと思うんです。ごくわずかなお金の返済を、わざわざ店頭などで行なうのは、面倒だ、という人もきっといることでしょうから。

ひとことで言うと、アコムの融資はこれからの人のための融資システム、と言えそうです。

アコムの店舗やATMの利用

お金を借りるのに、そのお店に行ってしか現金を受け取れないのでは無くて、それ以外にも色んな方法があると便利に思います。

そんな風に多彩な方法で借入できる返済できるのは、大手の消費者金融業だと思います。今、テレビのCMで盛んに有名なのはアコムだと思います。

そんなアコムは、店頭窓口や、むじんくん自動契約機や、三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーや、提携のATMや、振込みなどの方法で取引が出来るようです。

店頭窓口と言うのはアコムの実店舗ですが、全国に39件ほどあります。そしてむじんくん自動契約機では、全国で1066件ほどあります。三菱東京UFJ銀行カードローンコーナーでは、全国で20件ほどあります。

提携ATMであれば、三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、enet銀行、ゼロバンク、セブン銀行、ローソンATM、三井住友銀行などがあります。

地方銀行の提携ATMでは、熊本銀行、八十二銀行、広島銀行、親和銀行、第三銀行、東京スター銀行、福岡銀行、北海道銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行などでも利用できます。

クレジット企業でクレディセゾンが取扱できます。こんな風にありとあらゆる店舗や、提携ATMに置いて、利用が出来るのでとても便利だと思います。

困った時にこそ借入するものであるので、多ければ多いほど、利用方法のパターンが多ければ多いほど使いやすいと思います。

アコムの審査の基準とは

初めてキャッシングを申し込む方はあれこれ不安な事が多いですよね。「審査とはどんな事をするのか」「審査の基準となるものがあるの?」など疑問がたくさんあります。今回は審査に関することを調べてみました。

アコムのホームページなどで審査の基準となるものが記載されています。そこでは「20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有するお客さまが対象となっております。」となっています。

未成年者や70歳を過ぎると借り入れができないようですね。あと年金受給者の方も対象外となっています。

あとは、収入と返済能力を有する方となっていますので正社員だけでなくパートやアルバイトであれば申し込めます。一定の収入があれば審査に通る可能性があるとゆうことですね。

ただ、無職であったり専業主婦の方は申し込みができません。例外として、専業主婦の方は旦那さんの同意書と収入が証明できる書類があれば申し込みが出来ます。旦那さんの同意が得られる方はこの方法で申し込みが出来ます。

年収や勤続年数はどの位あれば良いかと言うと、入社から数日で審査が通った方や年収80万円の方でも10万円程の借り入れが出来たりする方もいらっしゃる様です。審査が通るかどうかは、申込みされた方の総合的な結果によるものが多い様です。